誰がカードローンを作ることができるのか

カードローンは、未成年は作る事が出来ませんがそれ以外の方はほとんどの方がカードローンの出来るカードを作る事が可能です。
しかし、中には金融機関によっては専業主婦や学生、年金生活の方はカードを作る事が出来ない場合があります。主な理由として収入の面です。お金を貸す事を目的としてカードを作りますのでお金の返済能力があるのかどうかを審査しますので返済能力がないと考えられる方にはカードが発行する事が出来ないという事もあるのです。
ですが、条件は金融機関によって異なりますので中には条件付きなどでカードが作れる場合もあります。そして、作れる可能性が低いのがブラックリストに載っている方の場合には以前にローンをして何らかの問題があるという事になりますので利用できない可能性が高いです。


 

簡単にできるカードローンの作り方

簡単にカードローンを作ろうと思えば、クレジットカード会社のインターネットホームページから直接申込みをすれば良いです。
インターネットホームページに、本人の生年月日や電話番号などの個人情報を打ち込むだけで申込みが完了します。
必要書類の本人確認書類や、前年度の所得証明書なども場合によっては郵送しなくても、そのインターネットホームページからアップロードする事もできるようになっています。
後は、金融機関による審査を待つだけで、早い会社ならばその日に審査がおりるところもあります。
カードローンで借りたお金は、指定の金融機関の口座に振り込まれて、クレジットカードが自宅に、本人確認郵便などで送られてくる事になっています。